2012年12月04日

ASUS Pad TF700

高解像度のAndroidタブレットを初めて手に入れました。
価格もかなり下がり、気軽に購入できるようになっています。

スペックは解像度1920x1080のフルHDで、SoC は Tegra3 1.6GHz です。
流石に iPad のレスポンスの良さにはかないませんが、高解像度であるにも関わらず、Android機の中ではスムーズに動作しています。

初めてのtegra3機なので、Tegra3 について調べてみました。

良く tegra3 はクアッドコア+1コアと呼ばれますが、パソコンのCPUと異なり省電力を優先させるため、それぞれのコアが平行に処理する状況は限られ、真にクアッドコアとは言えません。例えばネット閲覧時には1コア動作になっているため、従来のシングルコアCPUと比べた場合、クロック増以外の変化はありません。(ただしシングルコア動作時の最高クロックは1.7GHz)

さらに動画再生時には低クロック専用の+1コアのみの動作となり、tegra3搭載Android機のいくつかは、コマ落ちなどの再生パフォーマンスに問題を抱えてしまっているようです。幸いTF700では問題はないようですが。

ちなみに4コア並列動作するのは3Dゲーム実行時だけです。

パフォーマンスと省電力のトレードオフ問題は、本当に大変そうですね。
posted by CatappWorks at 07:48| Comment(0) | 日記