2014年03月17日

SIMカードに関して

SIMカード周りに関するまとめです。

ネット上には多くの情報がありますが、間違った情報もあるため、簡潔にまとめてみました。

・SIM(カード)とは
Subscriber Identity Module Card の略です。スマホを含む携帯電話を特定するための固有のID番号が記載されているICカード

・SIMに記録されている内容
IMSI(International Mobile Subscriber Identity)と呼ばれる番号のみが記載されています。通信を行うことで初めて電話番号と結びつけることができます。

・SIMの種類
【大きさによる分類】(フルサイズ)SIM、mini-SIM、micro-SIM、nano-SIM
【通信事業者による分類】7種類ほど

・SIMロックとは
SIMカード側ではなく、電話機器側の制限で、異なるキャリア(通信事業者)間で利用できなくする仕組みです。

・赤ロムとは
電話機器にはそれぞれ世界に一つしか存在しない固有のIDを持っており、何らかの理由でキャリア通信網を利用することを禁止された端末(電話機器)のことです。(SIMのIDとは関係ありません)ローン未払いの端末や、犯罪に利用された経歴のある端末などが、この制限にあたるようです。
中古端末を購入する場合は、常にこの問題がつきまといます。

・白ロム、黒ロムとは
SIMカード方式が利用される前までは、端末に電話番号に相当する情報が直接書き込まれていました。電話情報が書き込まれた状態を黒ロム、書き込まれていない状態を白ロムと呼びます。SIMカード方式の場合はカードを取り外すと「白」になるため、本来は関係ない概念ですが、赤ロムでない状態の端末が白ロムと便宜的に言われるようです。

・スマホの制限(ロック)の種類とは?
【SIMのロック】→異なるキャリア端末を利用できなくする制限で、SIMフリー機はこの制限がないものです。
【ROMのロック】→端末固有のIDを利用したキャリア通信網を使えなくする制限です。赤ロムなど。SIMは無関係です。
【ブートローダーのロック】→異なるOSを利用できなくする制限です。SIMは無関係です。

posted by CatappWorks at 22:47| Comment(0) | スマホ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: