2014年03月18日

Android 安定化

Android の安定化に関する記事を書きます。

iOS や Windows に比べてまだまだ不安定感のある Android は需要が多いためか「高速化」「安定化」に関する内容の記事を多く見かけます。

さまざまな人がツールを開発したり安定化方法を試してみたりした結果、本当に効果のある方法と、良くなったような気がするプラセボ(偽薬)効果であるものが解ってきています。以下に簡潔にまとめてみたいと思います。

・タスクキラーにてアプリを終了させる→【☓プラセボ効果】【☓不安定化する】
注:ただし、2.2などの古いAndroidや暴走している通常アプリがある場合は効果あり

・キャッシュクリア→【☓プラセボ効果】
注:アプリのアップデート時にアプリまたはOS側にバグがあった場合には効果あり
注:SSDの性質上、ディスク残りが極端に少なくなっている場合には効果あり

・開発者オプションのバックグラウンドプロセスの上限を制限する→【○効果あり】
注:ただしバックグラウンドプロセスを利用するアプリが起動できなくなります

・開発者オプションのアニメーションを無効化→【△効果あり】
注:アニメーションがスキップされる分高速化します。ただし、それだけです

・ウィジェットやアイコンを置かない、インストールするアプリを少なくする→【○効果あり】
注:実際に起動しているかは関係なくアプリの絶対数に比例して速度が落ちる。OSまたはシステム関連のバグと推測。

・再起動→【△効果あり】
注:原因は間違いなくアプリかOSのバグです

・!!root必要!! Firewallを利用する(ただしカーネルで制御するもの)→【◎絶大効果あり】
注:AndroidFirewall(JTSCHOHL社)で確認
注:無駄な広告通信、開発者用のデバグ情報を遮断するためと推測


・!!root必要!! 軽量な entropy generator を利用する→【☓プラセボ効果】
注:通常の処理では使用されていないため、通常の利用では効果なし

・!!root必要!! 先読みキャッシュ(read_ahead)の大きさを変更→【△効果あり】
注:ただし、デフォルトの値が最適でなかった場合のみ

・!!root必要!! cpu,gpuのクロック調整→【◎絶大効果あり】
注:高クロックは動作速度向上、低クロックはバッテリー性能を向上。ハードの変更なので当たり前ですけれど

・!!root必要!! build.propの変更→【△ほとんどプラセボ効果】
- 一般的な端末では無意味なものの例
wifi.supplicant_scan_interval
net.tcp.buffersize.*
persist.sys.purgeable_assets=1
ro.max.fling_velocity/ro.min.fling_velocity
ro.kernel.android.checkjni=0
ro.kernel.checkjni=0
persist.sys.use_dithering=0
dalvik.vm.dexopt-flags

・!!root必要!! greenify を利用する→【◎絶大効果あり】
注:インストールアプリをハイバネーションさせるアプリ



posted by CatappWorks at 22:17| Comment(0) | Android
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: