2014年06月15日

tegra3 tegra4 CPU シングルコアベンチマーク

Android系の性能のベンチマーク系比較記事を良く見かけますが、実際の体感性能とかなり差があるように思います。この記事では linux用のベンチマークソフト nbench を利用して CPU のシングルコア性能を比較してみます。

nbench.tegra4.png

横軸は Pentium 90MHz の性能を 1 とした指標です。(値が大きい程高性能)
3つの CPU で比較しています。パソコン用CPUとして Core 2 Quad、モバイル用CPUとして tegra3, tegr4 の結果をグラフにしています。ポイントとしては、

* シングル・コア性能である
* tegra4 の広告の謳い文句では、デスクトップ CPU の Core-i5 に拮抗すると言われているが、このベンチではまだまだ次元が異なる性能である
* やはり浮動少数計算では、まだデスクトップCPUと比べて100倍近い性能差がある
* バイナリは通常の最適化であるため、ARM専用の最適化は行っていない
* tegra3からtegra4への性能向上に関して CPU 性能で2倍以上と謳っているが、1.5倍程度である

体感速度に近い結果となりました。

posted by CatappWorks at 01:18| Comment(0) | ベンチマーク

2012年05月02日

モバイルCPUベンチマーク

何故ベンチマークか?


個人的にはあまり機械的な内容は好きではないのですが、モバイルコンピュータが今後どの程度高速に出来るのかを推測するためにも、現状のコンピュータ性能を知ることは有意義と思います。
(タブレット型パソコンは、内部の構造や制約を考えることなく、直感的に操作したいものです)


Tegra・Atom・Core 2 Quad



モバイルCPUのいくつかの演算性能を比較してみました。ただし、シングルコア性能のみのスコア結果です。
(*) Snapdragon CPU結果に関しては途中で終わってしまいました。

すべて linux + gcc にてコンパイルした nbench を利用したものです。(Tegra 250 とは Tegra2です)

Android の場合 DlvikVM という仮想マシン上で動作するため、ネイティブスコアがそのまま反映されません。そのため 実際の Android 体感速度ではさらに遅く感じられると思います。

GPUアクセラレーションもなく、さらにシングルコア性能のみのため、実際の使い心地とは異なると思います。パソコンCPUと比べるとまだまだモバイルCPUの性能は劣るようですが、Atom系と比べるとかなり近づいていると思います。

nbench_cpu.png

★アプリ紹介 http://catapp.sakura.ne.jp/details1.html
posted by CatappWorks at 03:08| Comment(0) | ベンチマーク